二重と目をパッチりを同時に実現する眼瞼下垂(がんけんかすい)の総合情報サイトです、相談やアンケートなど、利用者が作ってゆく、安心・安全なサイトです。

二重まぶたの構造

二重まぶたの構造


まぶたは主に
「眼輪筋」
「瞼板」
「挙筋腱膜」
「眼瞼挙筋」
「眼窩脂肪」
で構成されています。



1)眼輪筋(がんりんきん)
眼の周囲全体を覆う筋肉ですが、皆さんが思い浮かべる「運動筋(可動筋)」とは違い、目の開閉動作においては閉じる動作が主な働きとなる筋肉です。目をギュッと閉じるときに動く筋肉とお考えください。


2)瞼板(けんばん)
まぶたの開閉に大きく関係している軟骨のような少し硬めの組織です。この瞼板と眼瞼挙筋がしっかりとつながっていることで、まぶたがしっかりと開くか否か違いがでてくるのです。


3)眼瞼挙筋(がんけんきょきん)
この筋肉の収縮で目の開閉がコントロールされます。筋肉の動きが弱かったり、ほとんど機能していない状態の多くは先天性眼瞼下垂と呼ばれています。また、眼瞼挙筋にはミュラー筋と呼ばれる小さな筋肉が付随しています。ミュラー筋は交感神経が緊張することで縮み、まぶたを持ち上げる動作の補助をします。(腱膜性)眼瞼下垂症になると、それまで以上にミュラー筋を収縮させてしまうため、交感神経が常に興奮してしまうことがあります。そのため動悸がしたり、体を支える起立筋が過緊張するため首筋や肩や背中の筋肉が凝ったりします。また、そういった緊張状態が継続するため、不安や疲労感を感じやすくなります。


4)眼窩脂肪(がんかしぼう)
眼球を外部の衝撃から保護するためにあると言われています。この眼窩脂肪が多いとまぶたが厚ぼったくなることもあります。


5)挙筋腱膜(きょきんけんまく)
瞼板と挙筋との結合に大きく関与している大切な部分です。通常は1/3程度が瞼板と癒着しており、これが緩んだり、はがれてしまうと腱膜性眼瞼下垂となります。

-