二重と目をパッチりを同時に実現する眼瞼下垂(がんけんかすい)の総合情報サイトです、相談やアンケートなど、利用者が作ってゆく、安心・安全なサイトです。

眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂の治療

上眼瞼切開法(老人性眼瞼下垂)

著しい皮膚の弛緩によって生じた眼瞼下垂。筋力や腱膜などに問題が無い場合には皮膚の切除だけで改善します。皮膚の切除だけなので、前転法や挙筋短縮法に比べ腫れが少ないのが特徴。老人性の眼瞼下垂の治療に用いられる方法で、美容整形でもアイリフトやたるみの治療としておこなわれている治療。

抜糸 5〜7日目

挙筋前転法
挙筋腱膜と瞼板とを再固定する治療。生理的な改善が認められる画期的な治療法で信州大学病院形成外科の松尾教授が広めた治療法で松尾法とも呼ばれています。この眼瞼下垂の治療法は多くの形成外科や美容外科で導入されていますが、実際に正しい術式で治療されているということではなく、多くの場合、文献などを参考にして適当に治療されているケースが多いのが実情です。
抜糸 7〜10日目 詳しい治療法はこちら

経結膜的眼瞼挙筋短縮術
 挙筋短縮法を表面からではなく、結膜側(まぶたの裏側)から切開する方法です。古くから行われている治療ですが、基本的には挙筋短縮法と同様ですので生理的な改善ではありません。また、美容クリニックでは切らない眼瞼下垂の治療として謳っていますが、仮に目が開きやすくなり大きくなると、余った皮膚が邪魔になります。(それを埋没法で固定する場合もある。)それでは治療の意味はまったくありません。しっかりと治療することで今後の生活にも影響がありますので十分な注意が必要です。
抜糸 なし

挙筋短縮法
 筋肉を切除したり、そのまま重ね合わせて固定する治療です。眼瞼挙筋にはミューラー筋との関連が大きいため、生理的な改善は認められません。重度の眼瞼下垂症には有効ですが、筋肉に問題がなければ、挙筋前転法が有効な治療となります。
抜糸 5〜7日目


-