名医の基準

名医の基準

名医の基準って

名医の基準ってなんだと思いますか?
誰もが思う名医というのは、高い技術、豊富ですよね。当然のことだと思います。
でも美容外科の場合。それだけで名医とは言い難いものです。実は技術と同じくらい必要はスキル、それはコミュニケーション能力です。

美容外科はあなたのなりたい仕上がりに整えることが必要です。ですのでいくら技術や経験があっても患者の要望をうまく把握できない医者、表現できない医者はとても名医とは言えません。
理想の仕上がり、ゴールを正確に把握するには、優れたコミニュケーション能力が必要なのです。

名医の一つの判断基準

医者の技術力を評価するというのは非常に難しい。よほど酷いぐらいに下手な医者であれば判断できるんですが、標準以上の技術であれば似たり寄ったりなところがあるもの、誰がやっても見た目の結果に大きな差が出てしまうことは少ないものです。それが眼瞼下垂を含めた二重瞼の手術なんです。

大切なのはあなたの思いをいかに表現し、シミュレーション通りに再現してくれるかということ。
それって何が大切だと思いますか?
実はそれ「カウンセリング」なんです。カウンセリングというのは、今の瞼の状態を診察し、その上で希望する二重瞼や目の形、仕上がりとなるゴールのための術式、治療法を提案する場です。カウンセリングが適当であればどんな医師であっても結果には満足することはできません。

次に言葉の問題です。最近は韓国で美容整形を受ける方が増えているのですが、やはり言葉、表現のニュアンス一つで結果に違いが生じる可能性が高くなります。通訳を通して話しても結局は同じこと。大切なのは国内で日本の医師による治療を受けるということがトラブル回避の一つの方法であると考えます。

最近では専門医の有無を名医の基準に入れて紹介している情報サイトもありますが、専門医の資格を持っているからと言って技術が高い訳では絶対にありません。大切なのは患者の思いをどう叶えるかということを誠実に考えてくれる医師なんです。

正直、専門医の表記というのは広告上、見栄えが良くなるだけのことで技術評価としてはなんの意味もありません。これまで多くの専門医を数多く見てきましたが、その技術力には目や耳を疑う専門医もいるのです。
また、大学の教授や講師などを揃えに揃えた専門医の資格集団クリニックもありますが、その技術力が高いか?疑問しかない美容外科もあるということを知っておく必要があるでしょう。

瞼の整形の名医

瞼の整形の名医、お勧めクリニックをご紹介します。
各治療で重複しているクリニックが多いのは、二重まぶたの手術が得意なクリニックというのは、特定の治療だけが得意ということではありません。二重まぶたの整形が得意な医者は、瞼全体の治療に対し総合的にやはり上手なものです。二重まぶたの治療を受ける場合は是非、参考にして下さい。

眼瞼下垂の名医

眼瞼下垂の名医の基準の一つは、丁寧なカウンセリングです。眼瞼下垂の手術は筋肉を操作するという特殊性から実際の仕上がりのイメージを正確に共有する必要があります。単なる二重瞼の場合は、実際にブジー(二重をシミュレートする医療材料)で表現できますが、眼瞼下垂はそうはいきません。そのためより慎重にカウンセリングで術後のイメージを共有する必要があるんです。

眼瞼下垂の名医

埋没法の名医

埋没法は美容外科医が最初に学ぶ二重瞼の整形手術です。さまざまな術式がありますがどの方法が良いかというのは正直判断できませんし、エビデンスを含め根拠というのはありません。大切なのは実際のシミュレーションの通りの仕上がりにできるかという再現性にあります。私たちが調べた治療実績、医師の高い技術を評価した上で埋没法の名医をご紹介しています。是非、参考にして下さい。

埋没法の名医

切開法の名医

切開法は皮膚を切って二重瞼を作る治療です。そのため希望する仕上がりに対する再現性が高い医師が名医と呼べるでしょう。また、切開しますのでデザインセンスや縫合技術が術後の経過にも大きく影響しやすいのでクリニック選びは要注意です。
無意味な口コミ情報に左右されないようにしましょう。

切開法の名医

眉毛下切開の名医

眉毛下切開は眉の直下を切開する治療ですのでデザインセンス、縫合技術の繊細さ、正確さが要求されます。カウンセリングではどのような切開デザインを描くのか、仕上がりのイメージについて細かく丁寧に説明してくれる医師を選びましょう。

眉毛下切開の名医

目頭切開の名医

目頭切開は切開するデザインが仕上がりの形状だけでなく、傷跡にも大きな影響を与えます。そのためセカンドオピニオンを大切にしましょう、いろいろな医師の意見を参考にすることが何より大切です。

目頭切開の名医

目尻切開の名医

目尻切開に対し、効果がないと批判的な医師は多いがそれは大きな誤り。自らが治療実績が乏しいため治療効果が少ない、やっても無意味という説明をする医師もいる。もちろん、治療効果が少ないタイプの目元であればその通りだが、治療適応のある目元であれば目尻切開で十分満足のいく効果を得ることはできる。

目尻切開の名医

グラマラスラインの名医

グラマラスラインとは、目の目尻側を下に下げて垂れ目がちな目元に変える瞼の整形手術です。通常の二重まぶたとの手術とは違い治療件数そのものが少ないため、経験実績が少ない医師が多い。そのため大手美容クリニック出身の医師が比較的多くの実績があると考えて良いだろう。

グラマラスラインの名医

関連記事

  1. 目頭切開 名医

    目頭切開の名医・お勧めクリニック

  2. 福岡 眼瞼下垂の名医

    眼瞼下垂の名医・お勧め美容外科【福岡・沖縄】

  3. 眼瞼下垂 名医 横浜

    横浜で眼瞼下垂の手術を受けるならここは外せない「眼瞼下垂の名医」

  4. 眼瞼下垂 名医

    眼瞼下垂の名医・お勧めクリニック

  5. 眼瞼下垂 名医 名古屋

    名古屋でお勧めの眼瞼下垂の名医

  6. 眉毛下切開 名医

    眉毛下切開で失敗しない。安心の名医はこちら!