眉毛下切開

眉毛下切開
たるみのない目元、皮膚をムダに遊ばせないハリ感のある目。
眉毛下切開はムダな皮膚を瞬時に取り除き、目元が10歳若返る!!

まぶたのたるみが気になる人、昔のような目元に返りたい。そんなあなたにお勧めするのが「眉毛下切開」です。眉毛下切開とは別名アイリフト、上眼瞼リフトとも呼ばていますが、まぶたのたるみを一気に引き上げて目元を10歳若返らせるアンチエイジングケアのひとつです。ここではそんな眉毛下切開について詳しくご紹介していきます。

眉毛下切開とは

眉毛下切開は、眉毛の直下からたるんでいる皮膚を切除して、たるみを引き上げるため、確実にまぶたのたるみを取ることができます。まぶたのたるみを取る方法として「上眼瞼切開」という手法もありますが、眉毛下切開にはもともとの二重まぶたの形を変えることがないので、整形による不自然さや見た目の印象を大きく変わらないのが特徴のひとつです。

眉毛下切開でできること

眉毛下切開できること。それはたるんでしまったまぶたを一気に若返らせることです。目元の若返り、アイリフトとして非常に有効で傷跡も目立たないというのが特徴です。また、上眼瞼切開と比べダウンタイムが非常に短いというのも人気のひとつです。
眉毛下切開の効果・まぶたのたるみを解消できる・見た目年齢の若返り・見た目の印象を変えることなく確実に若返る・一重まぶたでも治療できる
眉毛下切開は眉毛の直下を切開するため、傷跡が重要視されます。そのため医者の技術ひとつで傷跡の瘢痕化やギザギザの傷跡など厄介なトラブルも少なくありません。しかし、適切な医師、眉毛下切開の名医による治療であれば非常に満足度が高いのです。

眉毛下切開の実際

眉毛下切開は皮膚のたるみを取るだけなので形を変えることはできない。そのため術前のデザインを細かく伝える必要はない。医師は眉毛の直下にデザインを描き、取れる範囲の適正量の皮膚に印をつける。上眼瞼切開と比べると外側のたるみまで広範囲に取り除くことができる。

術前のデザイン

眉毛の直下に切開するラインのデザインを描きます。眉毛のない人は返って傷跡が目立ちやすいのでアートメイクなども検討する必要があります。アートメイクを描くことで傷跡はほとんど目立たなくなります。医師にアートメイクを描くことを伝え、そのデザインも含め考慮してもらいましょう。
局所麻酔の注射
切開する範囲全体に局所麻酔の注射を打ちます。眉毛下切開で痛みを感じるのはこの局所麻酔だけです。麻酔が効いてしまうとほとんど痛みを感じることはありません。局所麻酔の痛みを苦痛に思う方は静脈麻酔や吸入麻酔などを併用することをお勧めします。別の麻酔方法を併用することで痛みは大幅に軽減します。

皮膚の切開
麻酔が効いているのを確認し、問題がなければデザイン通り皮膚を切開していきます。皮膚を切除できたら電気メスと使ってしっかりと止血処置を施します。

傷の縫合
傷を丁寧に縫合していきます。
眉毛下切開は通常1時間程度の手術です。中には2、30分程度でおこなう医師もいますが、非常に雑になりやすく傷跡だけではなく、左右差が出てしまったり、不自然にもなるため眉毛か切開を得意としている名医による手術が必要なのです。

ダウンタイム
眉毛下切開のダウンタイムは通常の経過であれば3、4日で腫れなどは落ち着きますし、ほぼほぼ仕上がりの状態となります。抜糸は5〜7日後ですので眉毛下切開をおこなった医師に確認しておきましょう。

眉毛下切開の術後の状態と経過

眉毛下切開で気になるのは仕上がりだけではありません。術後はどういった経過を辿るのか。腫れは?傷跡はどれくらい目立つのかなどさまざま。ここでは眉毛下切開の術後の状態についてご紹介しましょう。

たるみ取り手術の実際
眉毛下切開の経過
まぶたのたるみ取り手術「眉毛下切開」の術後の状態、腫れや内出血は個人差はあるものの、大まかな流れは同じである。「眉毛下切開」手術の経過って実際はどうなの?眉毛下切開って本当に腫れは少ないの…
眉毛下切開は上眼瞼切開にようにまぶたの直上を手術するわけではありません。眉の直下からたるんだ皮膚を切除するだけですので、実は大きな強い腫れというのはほとんど引き起こすことはありません。手術直後に「お化け」のような大きな腫れを想像する方も多いのですが、こういった手術で一番強い腫れのピークというのは眉毛下切開の当日ではなく、翌日が一番ひどい状態です。しかし、眉毛下切開は基本的には大きな腫れを起こしにくいので腫れについてはさほど心配する必要はないんです。

一般的に眉毛下切開の抜糸は5日〜7日後に可能です。糸がついているからといっても眉毛の直下ですので糸があっても目立つことはほとんどありません。抜糸後は翌日からメイクが可能となりますので、十分隠せます。

傷の状態ですが、切開線は赤みを帯びている方が多いです。その赤みが消失するには数ヶ月かかりますが、派手に目立つものではないので過度の心配は無用です。

POINT-1 強い腫れは起こさない。
POINT-2 眉の直下なので縫合している糸も目立ちにくい。メガネの使用によってはメガネの淵でほとんどばれないことが多い。
POINT-3 通常、抜糸は5〜7日後
POINT-4 傷跡の赤みはあるがメイクで十分隠せる

ただし、あくまで通常の経過というのは技術力の高い医師による経過をご紹介しています。そうではない医師による眉毛下切開は傷跡のラインがギザギザであったり、凹凸、ボコボコなどとなりますし、1ミリ以上の幅のある瘢痕傷となることも少なくありません。
気軽に受けることのできるまぶたのたるみ取りとは言え、医者の技術力で仕上がりの自然さには格段の違いを生じますのでご注意下さい。

安心して眉毛下切開を受けることのできる名医のご紹介

眉毛下切開の費用の相場

眉毛下切開の費用ですが、自由診療ですので美容外科によってさまざまな料金設定があります。誰でも安いほうが良いと思うでしょう。しかし、治療費用には必ず適正費用があります。ここでは眉毛下切開にかかる費用の仕組みについてご紹介します。

眉毛下切開の費用の仕組み
初診料 3,000円〜5,000円
血液検査 5,000円〜10,000円
眉毛下切開の手術費用  200,000円〜400,000円
眉毛下切開にかかる費用の総額  208,000円〜415,000円

※すべて税抜き価格でご紹介しています。眉毛下切開の費用の相場は30万円前後を想定しておこう。

この料金設定以外に、静脈麻酔や他の麻酔方法を併用する場合は別途費用が加算されます。一般的には標準の局所麻酔や術後の検診費用は治療費用に含んでいるものです。悪質な美容外科などはプレミア…といって、不明確な料金の釣り上げなどで2、3割の加算をするところもあります。十分ご注意下さい。

さまざまなご

Q&A

眉毛下切開の手術、術後の経過についての疑問、質問にお答えします。これからたるみを解消しようと考えているあなたのための質問集です。

眉の真下だと傷跡が目立ってしまうと思うんですが。
もちろんそう思ってしまうのは仕方がないと思います。しかし、眉毛下は切開部分にテンション(張力)がかかる訳ではなく、傷口への負担が非常に少ないため実は傷跡が非常に目立ちにくいんです。ですので安心して受けていただけます。
一重まぶたのままたるみだけを取ることはできますか?
可能です。上眼瞼切開によるたるみ取りは術後必ず二重まぶたになりますが、眉毛下切開の場合、皮膚のたるみを取るだけですので一重の人は一重のままたるみだけを解消させることが可能です。
二重まぶたの手術と同時に受けることはできますか?
それは可能です。ただし二つの手術を同時に受けると弛みはより強くなる可能性があること、期間も長くなってしまう可能性があることを覚悟しておく必要があるでしょう。
1回手術すればもう弛むことはありませんか?
いいえ、まぶたのたるみは常に進行しています。眉毛下切開は弛んでいる皮膚を切除して引き上げる治療ですが、今後のたるみを想定して余分に皮膚を切除するようなことをしてしまうと必ずトラブルを引き起こします。
たるみ取りは今のたるんでいる状態を一度リセットするということです。もちろん、数年、数十年先にはたるみを生じますが、そのとき改めて気になるようであれば再び眉毛下切開でたるみを解消すればよろしいかと思います。
手術は痛いですか?また、術後の痛みも心配です。
手術の痛みというのは麻酔の注射の痛みです。麻酔が効いてしまえば痛みを感じることはありません。術後の痛みについては内服で十分抑えることができますので、痛みについては心配することはないとお考えください。
手術の適応年齢ってあるんですか?
それぞれの目的で手術内容を決めることが大切です。基本的に眉毛下切開は皮膚のたるみを解消する治療ですので皮膚にたるみがあれば適応です。SNSなどでは二重の幅を広げる治療として眉毛下切開を推奨している医師がいますが、お勧めはしません。
幅を広げる程度のことであれば切開のリスクよりも埋没法で幅を広げることの方が望ましいです。

関連記事

  1. 上眼瞼切開

    上眼瞼切開

  2. 瞼の形

    二重瞼の形っていくつあるの?整形の方法からクリニック選びを徹底解説!

  3. 目頭切開

    目頭切開

  4. 美容整形で二重まぶたを作る簡単な方法

  5. 眉毛下切開 名医

    眉毛下切開で失敗しない。安心の名医はこちら!

  6. 眉毛下切開 名医 福岡

    福岡で眉毛下切開を受けるならココは外せない!