40代で目を大きくする

40代 目を大きくする

40代になって黒目や目元の変化に気づきませんか? 黒目が小さくなった、目が小さくなってきたと言った感じで、目元は年齢を重ねると共に変化してきます。

ここでは、40代で気になり始める見た目の目元の老化による変化についてご紹介します。また、あなたの老化の症状を解消する目元の美容整形、目を大きくする方法についてもご紹介します。

  • 40代だからこそ目を大きくすることを勧める理由
  • 40代の方が受ける瞼の治療の種類
  • 40代に受ける治療のメリット

自分の症状や状態にあった治療法、治療を受けるメリット・デメリットを知ることで、もっとあなたはキレイで若く過ごすことができるはずです。まずは、40代になると目元がどう変化するか説明していきましょう

40代に感じやすい目元の老化症状

「元々目元には自信があった!」という40代の方でも、年齢を重ねるにつれ目元のトラブル、お悩みが出てきます。以下は40代の女性の目元に現れやすい老化によるトラブルです。

  • 黒目が小さくなってきた
  • 目元が重く感じる
  • おでこのシワが深くなりつつある
  • 二重瞼の幅が狭くなってきた
  • 目がしっかりと開かなくなってきた

40代の目元は瞼そのもののたるみが出てしまうだけではなく、瞼を持ち上げる筋肉との接続が緩んでしまうのです。このような目元の老化症状が増える理由を、詳しく解説していきます。

40代で目を大きくする

40代だからこそ目を大きくしたいという方非常に多いんです。40代だと劇的に目が小さくなることはありませんが、それでも少しずつ目が小さく変化してくることを一番実感しやすい年齢です。もちろんメイクで目を大きくするデカ目メイクもお勧めですが、やはり根本的に目を大きくしないとメイク映えしないどころか、返って不自然でイタイ目元メイクだけが強調してしまいます。ここでは40代でもできる、40代だからこそお勧めするデカ目整形をご紹介します。

目を大きくするポイントは2つ。目の縦幅を広げて目を大きくするのか、それとも目の横幅を広げて目を大きくするのかということ。もちろん、その両方ということであればそれも可能です。

目の縦幅を広げるデカ目整形

目の縦幅を広げるというのは、瞼を開きを今よりもさらに大きく広げて黒目の露出を増やすのか、それともたるみのある皮膚を調整して二重瞼を調整したり、皮膚のかぶさりを解消することで目の縦幅を広げるのかということで治療法は違ってきます。

目の横幅を広げるデカ目整形

目の横幅を広げるポイントは黒目の位置関係。黒目の位置というのは変えることができません。そのため目の横幅を広げて目を大きくするというのは、目の内側、目頭側を広げるのか。それとも目の外側、目尻側を広げるのかということを考えなければいけません。

目の内側を広げる目頭切開

目の外側を広げる目尻切開

関連記事

  1. 眼瞼痙攣

    眼瞼痙攣

  2. 眼瞼下垂 読み

    眼瞼下垂ってなんて読む?

  3. 悩み・症状

    まぶたの悩み・症状

  4. 二重まぶた

    二重まぶた

  5. 眠そうな目を治す

    どうして私の目は眠そうなの?眠そうな目の原因と解決法

  6. クリニック 選び方

    クリニックの選び方