二重瞼の形っていくつあるの?整形の方法からクリニック選びを徹底解説!

瞼の形

一重まぶたは二重まぶたとは対照的に目が小さく見えてしまったり、目つきが悪い、暗い印象を与えてしまいやすい。更に一重まぶたはアイラインやアイシャドゥのラインが奥へと入り込んでしまうためメイク映えさせることが難しい。
もちろん、一重まぶたはクールビューティといったように、日本的な美しさを表現することからポジティブに考えている人もいるが、やはり、二重まぶたのようにパッチリとした大きな目元になりたい、変わりたいという女性は多い。
ここでは二重まぶたの形、一重まぶたを整形して二重瞼にする方法。そして美容クリニックの選び方についてご紹介します。

二重瞼の形

〜大きく分けて3種類のタイプに分けられる二重まぶた〜

二重まぶたと言っても大まかに3つのタイプに分けることができます。それぞれのタイプによって、見た目の印象も違ってきます。

二重瞼の形奥二重

奥二重は二重瞼の幅が狭いため一重瞼という印象をもたれている場合も少なくありません。目が小さく見えてしまったり、目つきが悪い印象を与えてしまうこともあり、幅を広げたいと悩んでいる人も多いんです。
ただ一重瞼と違って、メイク映えしやすく、変化を加えやすいのが特徴の一つです。

二重瞼の形末広型の二重瞼

目頭から目尻にいくにつれ徐々に二重瞼の幅が広くっているタイプのことを言います。末広型は蒙古襞の存在が大きく、日本人、アジア人の二重瞼のタイプの多くのはこの末広型です。このタイプの二重瞼はスッキリした印象や若々しい印象を与えやすいのが特徴です。

二重瞼の形平行型の二重瞼

目頭から目尻の二重瞼の幅が同じ。パッチリとした大きな目の印象を与えやすく、末広型と違い、白目、黒目、白目の比率が均一に見えるため目力があるようにも見え高い人気があります。平行型の二重瞼はかわいさ、華やかさがあるため末広型の二重瞼の方が平行型の二重瞼を希望されることが多いです。

一重まぶたを整形して二重瞼にする方法

一重瞼で悩んでいるのなら思い切って瞼の整形で二重瞼にするのも悪くない!ということ。もちろんメイクで目力のある二重瞼を表現することも良いのですが、実は瞼にとって整形が悪くてメイクは良い訳ではありません。瞼にとっては逆に、瞼の整形は生理的で安全、メイクの方が悪影響を及ぼすリスクが高いことは知っておくべきだと思います。

→ アイプチが瞼に与える悪影響はこちら

また、実はアイプチやアイシールに対し、男の子や周囲の人には、目に接着剤をつけるなんて馬鹿げている、スッピンになった時の落差が激しすぎる、見ていて悲しくなる、こんなことを毎日しているくらいなら整形すればいいのになど、実はアイプチに対し実はネガティブな印象を保たれているんです。
ここでは瞼の整形で二重瞼にする方法をご紹介します。

◆プチ整形

埋没法

まぶたを切らずに糸を通すだけで二重瞼にする方法です。糸で止めるだけなので大きな腫れ傷跡や術後の痛みを伴うことなく手軽に自然な二重瞼にすることができます。

  • 腫れが極端に少ない
  • 傷跡を残さない
  • 仕上がりが自然

さらに詳しい埋没法は

◆ガッツリ整形

切開法

まぶたに切開を加えて一重瞼を二重瞼に変える方法です。数日程度の腫れなどダウンタイムを伴いますが、一生元に戻ることのない二重瞼を永久に手にすることができます。

  • どんな瞼でも対応できる
  • 後戻りがない、効果が一生
  • たるみも解消できる

さらに詳しい切開法は

二重瞼にする整形の方法というのは、基本的には上記の2種類です。しかし、目の形や大きさ、アーモンドアイにしたい仕上がりに対しての要望はさまざまありますよね。その要望を叶えるには二重瞼に整形する方法だけじゃなく、他の治療法を併用することが必要なんです。

目の形や大きさを変える瞼の整形

瞼の整形は二重まぶたにするだけじゃない。アーモンドアイや黒目の露出を増やしたい。なりたい二重瞼はみんな違う。キレイな美しさを叶えるにはさまざまな方法があるんです。ここでは二重瞼の整形とは違う、形や大きさを変える瞼の整形方法をご紹介します。

上眼瞼脱脂:

上瞼の脂肪を取ってまぶたをすっきりとさせる治療法

数ミリの穴から腫れぼったい瞼の原因である「眼窩脂肪」を取り出すことで、腫れぼったさを瞬時に解消させ、治療直後よりスッキリとした瞼に変えることができます。

目頭切開:

目の内側をさらに広げて目を大きくする治療法

目の内側にある皮膚の引きつれ、その原因は「蒙古襞」。引きつれの原因である蒙古襞を解除することで、目を開けやすくし、さらに瞼を横方向、内側に広げることができるためパッチリとした大きな瞼に変わります。

目尻切開:

目の外側をさらに広げて目を大きくする治療法

瞼の外側に切開を加え、横に広げることによって、目を横方向に大きく変化させることができます。外側の白目の露出が増えることによって目の大きさをさらに表現させることができます。

グラマラスライン:

目尻を少し下げて垂れ目がちな瞼にする治療法

瞼の裏側を少し切開し、瞼板を下側に下げて固定することで垂れ目がちな瞼、アーモンドアイの形をした瞼にすることができます。

眉毛下切開:

瞼のたるみを取り除き、目元を若返らせる治療法

眉の直下を切開し、そこから弛んでしまった皮膚を取り除いて引き上げるアイリフトです。たるみだけを速やかに取り除くことができるため、仕上がりが自然です。

眼瞼下垂

黒目の露出を増やし、目力のある目元にする治療法

瞼の開き、瞼の持ち上がる量を増やすことで、黒目の露出を増やし、表現力のある目力の強い二重瞼に変わることができます。

美容クリニックの選び方

美容外科を選ぶポイント

目を整形したいと考え、どこに相談しようか美容外科を選ぶ時、治療費用も選択基準の一つになるかと思います。美容整形は自由診療なので、料金設定の幅が広くなかなか選ぶことも大変。
安いのは嬉しい気持ちもある反面、安いところはやっぱり怖い。逆に高いところもボラれている感じもしちゃうから本当に難しいですよね。
ここでは失敗しない二重瞼の整形、美容外科を選ぶポイント4つをご紹介します。

1. 治療メニューなどの情報をチェック

二重瞼の整形を受けようと考えている人にまずチェックして欲しいのは埋没法のメニュー。そこに色々な種類があるクリニックは実は要注意。埋没法はそんな複雑な治療じゃありません。にも関わらず、そのような治療メニューを揃えるというのは、不適切に治療費用を増やしていること以外に考えられません。
医療モラルの低い医師に高い技術があると思いますか?
そういった美容外科の特徴は、表現力、広告力に優れているだけで、実際の治療技術は低いと考えて良いでしょう。

2.カウンセリングで全てが決まる

実は美容外科の手術で一番仕上がりに影響が出るのはカウンセリングなんです。医者の技術の高さというのは、評価のしようもありませんし、どんな高い技術があっても失敗するときは失敗します。それよりも大切なのはカウンセリングです。
カウンセリングというのは、あなたの希望する仕上がりを医師に伝え、医師と仕上がりのイメージを共有する唯一の場です。仕上がりイメージに差がある状態で治療を受けてしまうとどんな高い技術のある医師が治療を行なってもその結果は失敗です。
そのためカウンセリングというのは手術以上に大切なことであるということを十分理解しておく必要があります。

3.症例写真の多いところはリスク大

美容整形の症例写真って気になりますよね。でもあの症例写真って治療を比較するものであって治療の斡旋になるというのが一般的な解釈です。医療機関側は患者が要望しているからという理由で、リスクや治療法、料金などを掲載することで問題ないだろうと勝手に解釈し掲載していますが、基本的には禁止事項です。
経営上やむ得ないことは十分理解できますが、やはり、法令を遵守する医療機関とそうでない医療機関とでは不公平感がありますね。
症例写真を豊富に掲載しているようなところはやはり法令遵守ができない医療機関ですから、何問題が起こった場合の対応にも影響が出るでしょう。
また、SNSなどを使って症例写真を紹介するなど、法令に対し色々な抜け道を網羅する努力をするのなら、患者のために技術を磨くなどの時間を費やして欲しいものです。

4.スタッフの対応にも要注意

接客はサービスの品質を測る基準の一つです。電話の対応に不誠実さなど何かしらの問題があるような美容外科の場合、患者に対してのサービスレベルが低いと考えて良いでしょう。当然、医者のレベルもその程度でしかないもの。
術後のケアや万一の際の対応を考えた場合、対応の悪さは恐怖でしかありません。電話で対応するのは面倒だからっていう方もいます。もちろんメールやLINEなどで対応するのは便利です。しかし、それでクリニックの対応品質を見抜くことはできません。クリニックの本性、対応能力は電話が一番わかりやすいものなのです。

関連記事

  1. 美容整形で二重まぶたを作る簡単な方法

  2. 埋没法

    埋没法

  3. 二重まぶたの幅

    二重まぶたの幅を広げる方法完全版!二重の幅は美容整形に頼るが一番!

  4. 二重まぶた

    二重まぶたになりたい・変わりたい

  5. 二重まぶた 切開法

    切開法

  6. 目頭切開

    目頭切開