眼瞼下垂は日帰りの手術

眼瞼下垂 入院

眼瞼下垂の手術って本当に日帰りなの? そんな不安を抱く方も多いのではないでしょうか。実際のところ眼瞼下垂の手術を入院で行っているのは大きな病院や大学病院など保険診療による眼瞼下垂手術の場合、基本的には入院ですが、それ以外のクリニックにおける眼瞼下垂の手術は基本的には日帰りで行われているのが実情です。

眼瞼下垂は日帰りの手術!?

日帰り手術で本当に大丈夫!?

眼瞼下垂の手術を日帰りで受けるなんて本当に大丈夫なんでしょうか。

入院する意味って

眼瞼下垂の術後に入院する意味は血腫の予防、皮膚の壊死等のトラブルを防ぐためです。そのため一部の病院等では眼瞼下垂の手術後は入院を推奨しているところがあります。しかし、基礎疾患等がなければ血腫や皮膚の壊死など心配はありませんので入院は不要と考えて良いでしょう。
実際に眼瞼下垂の手術をおこなっている医療機関は入院を必要としていませんしね。

見方を変えると入院させることによって医療機関の収益につながるというメリットもあるため、大学病院などの大きな医療機関では入院下で眼瞼下垂の手術が行われているようです。

入院は不要!

眼瞼下垂の術後で大切なのは、適切な術後のケアです。例えば血腫ができてしまった時の速やかな処置、翌日に傷跡のケアなどを行うクリニックも増えています。このように適切なケアを受けることができれば眼瞼下垂の手術に入院は必要ありません。

手術を申し込む前に確認すべきこと
  • 手術当日の救急体制の有無について確認しましょう!
  • 傷跡のケアの内容を確認しましょう!
  • 術後の注意事項についての書式などの確認

関連記事

  1. 眼瞼下垂 手術

    眼瞼下垂手術

  2. 眼瞼下垂 筋トレ

    眼瞼下垂をまぶたのトレーニングで改善する方法

  3. 眼瞼下垂のリスクと問題点

    眼瞼下垂のリスクと問題点

  4. 悩み・症状

    まぶたの悩み・症状

  5. 眼瞼下垂の種類

    眼瞼下垂の種類

  6. 眼瞼下垂 失敗

    眼瞼下垂の手術で失敗する確率ってどれくらいあるの?