アイプチで眼瞼下垂になる可能性ってどれくらいなの?

眼瞼下垂 アイプチ

アイプチは若年層の女性を中心に使われているアイコスメの一つです。手軽に一重瞼を二重瞼にすることができるので、二重瞼に憧れを持つ女性に大人気です。しかし、そんな手軽なアイプチで引き起こす老け、ブス化を知っていますか。
アイプチはメイクとして瞬時にキレイに変われます。しかし、その反面、今の美しさを大きく損ねてしまうリスクもあるということを知っていますか?

アイプチって

アイプチとは、シールや皮膚糊を瞼に塗って、一重瞼を二重瞼にしたり、二重瞼の幅を広げることができるアイメイクアイテムの一つです。瞼に直接、塗ったり貼るだけで簡単に二重まぶたを作ることができるので多くの女性のアイメイクアイテムとして不動の人気があります。
そんなアイプチですが、いくつかの問題点があるのですが、あまり周知されていないため多くのトラブルを引き起こしているのが実情です。また、商品によってはアイプチの長期の使用で二重瞼になったという都市伝説的な誤った口コミが広がっており、十分な注意が必要です。

アイプチ

アイプチのメリット・デメリット

もちろん、アイプチは手軽に二重瞼にできますから非常にお勧めなアイメイクアイテムであることに違いはありません。上手に使うことによって可愛さを表現できるということは非常にいいですよね。ここではアイプチのメリット、デメリットについてご紹介します。

メリット

  • 簡単に一重瞼を二重瞼にできる
  • 手軽に二重瞼の幅を広げることができる
  • 洗顔で簡単に落とせる
  • 安価

デメリット

  • 肌がかぶれる
  • 使用中つっぱり感、違和感がある
  • まぶたが伸びちゃう
  • ドライアイになる

アイプチで引き起こされる老け・ブス化の真実

アイプチの老化、ブス化って何?そんなことないんじゃない!?とほとんどの人は思うでしょう。一部のアイプチには使い続けることで癖がついて二重瞼になるかもって言ってる商品もあるほど。
もちろん、使い続けることで本当に二重になれるのなら使ってみようかなって思うでしょう。でも使い続けて、癖がつく?
そんなことはありません。まずないと言って良いでしょう。もちろん、使い続けることで二重瞼になったと言う人もいるでしょう。でもその人、アイプチを使っていなくても自然に二重瞼になった可能性が極めて高いんです。アイプチを使ったら二重瞼になったと言うのとは全く別のこと。(自然と二重瞼になる理由についてはまた別のところでご紹介します。)

アイプチでどうして老けるの?ブス化するって何?

アイプチは二重瞼になるし、パッチリおめめにもなっている。どこがブス化? これって美容クリニックが二重瞼の整形に誘導するための似非情報なんじゃないのって思う人もいるでしょう。
どうしてアイプチでブス化するのか?それは皮膚のたるみだけじゃなく、瞼の開きも悪化させる副作用があるからなんです。

老け・ブス化の原因

アイプチの使用によって生じる老け、ブス化の主な原因は2つ、一つは瞼の皮膚そのものが伸びてしまうこと。もう一つは瞼を持ち上げる筋肉にダメージを与えてしまうことなんです。

  • 瞼の皮膚のたるみ
  • 瞼の筋肉へのダメージ

アイプチは皮膚表面に接着剤を塗って二重瞼を作るのですが、その際、皮膚を無理に折り返して二重瞼を作ります。その影響で皮膚は伸びてしまいます。
次に瞼の筋肉へのダメージです。まぶたは実は非常に繊細なパーツ。瞼の構造を見るとわかるのですが、瞼板と瞼を持ち上げる筋肉(ミューラー筋)との接続は非常に緩みやすい。瞼を擦る癖のある人やコンタクト(ハードタイプ)を長く使うだけでも簡単に伸びてしまう程のもの。
その結果、瞼のたるみによる老け顔、目がしっかりと見開かない、目が小さくなってしまうなどのブス化へと陥ってしまうんです。アイプチによる刺激は瞼にとっては見た目以外に良いことは何一つないんです。

アイプチで眼瞼下垂になる可能性ってどれくらいなの?

アイプチを使うことで瞼の開きが悪くなる可能性ってどれくらいあるのか、正確に調べることはできませんが、基本的にはかなり多くの方が皮膚が伸びて弛んでしまったり、瞼の持ち上がりが悪くなり眼瞼下垂になってしまっています。
もちろん、すべてがアイプチのせいではないにせよ、まぶたへの負担を考えればアイプチの使用は推奨することはできないでしょう。
もちろん、1回使ったからといって悪くなることはありませんが、長い期間使用することは避けるべきでしょう。

アイプチやめればたるみは解消するの?

アイプチを使っていて万一、眼瞼下垂になった場合、アイプチの使用を休んだからと言って、眼瞼下垂が自然に治ることはありません。眼瞼下垂になってしまった場合は外科的な手術が必要になることは忘れないでください。
また、瞼のたるみも同じです。一度弛んでしまった瞼の皮膚は再び縮むということもないんです。この場合も上眼瞼切開や眉毛下切開で、弛んでしまった皮膚を切り取る以外に治す方法はありません。

最後に:

アイプチは目元のおしゃれ、デカ目メイクとしては手軽です。多くの女性が利用する意味もわかります。しかし、メイクは基本的に毎日することです。毎日のように繰り返し瞼に負担をかけてしまうということに良いことなんてありません。
アイプチはその場凌ぎのアイテムでとしては非常に良いのですが、手軽さだけが重宝され、そのリスクについてはほとんど啓蒙されていません。
美しく見せるアイテムが、美しさを損ねてしまう原因になっているなんて本末転倒です。アイプチで瞼に負担をかける生活を送るようなことをせず、思い切って瞼の整形をするという選択肢も考えてみませんか。

関連記事

  1. 眼瞼下垂 マッサージ

    眼瞼下垂とマッサージ

  2. 眼瞼下垂 症状

    眼瞼下垂の主な症状

  3. 眼瞼下垂

    美容的眼瞼下垂

  4. 眼瞼下垂 筋トレ

    眼瞼下垂をまぶたのトレーニングで改善する方法

  5. 眼瞼下垂 入院

    眼瞼下垂は日帰りの手術

  6. 眼瞼下垂

    眼瞼下垂