二重まぶたを作るならやっぱり美容整形が良いという理由

二重まぶた

二重まぶたを作るならやっぱり美容整形が良いという理由

誰もがなりたいドーリーフェイス。その特徴はパッチリとした大きな目。アイプチやアイテープで盛ってもやっぱりスッピンに戻ると寂しく感じちゃう。
「理想のパッチリおめめでキラキラ輝きたい!」そんなあなたの希望を叶えるのはやはり『美容整形』による二重まぶたの形成術がお勧め。
一昔前と比べると整形に対する抵抗感が薄れ、インスタなどSNSで告白する人も多くなってきていることもあり、二重まぶたの整形に対するハードルはかなり下がってきています。
ここではどうしてアイプチやアイメイクによる盛りの二重まぶたではなく、整形による根本的な二重まぶたをお勧めするのか詳しくご紹介します。

まず始めにどうして二重まぶたにすることができるのか。ひとえと二重まぶたの構造上の違いからご紹介します。

二重まぶたにあって一重まぶたにないもの

二重まぶたにあって一重にないものがあるから二重まぶたになっているんです。一重瞼の人は何がないのか?それは挙筋腱膜というまぶたの筋肉から伸びている線状の組織、ヒダのようなものです。二重まぶたの人には挙筋腱膜があって、一重の人には挙筋腱膜(※1)は無いんです。

それでは具体的に説明していきましょう。
まず、まぶたの中には瞼板と呼ばれる固い軟骨のような組織があります。目を開けると言うのは、まぶたの筋肉(眼瞼挙筋)が縮んで、その瞼板が持ち上げられるため目が開くんです。目を開ける動作は一重の人でも二重の人でも同じこと、何が違うか、それは先ほど言った『挙筋腱膜』があるか無いかと言うことです。
挙筋腱膜は眼瞼挙筋の先にある枝のようなもので、皮膚まで伸びています。下の図を参考にしてください。

二重の構造

その挙筋腱膜と皮膚とがしっかりとくっついている、癒着していれば、まぶたの筋肉が収縮した時、瞼板が持ち上げられると同時に挙筋腱膜が皮膚を持ち上げてくれるので二重まぶたになるんです。
挙筋腱膜と皮膚との間に強い癒着がなければ、瞼板だけが持ち上げられ皮膚は垂れ下がってしまうので一重まぶたになってしまうんです。

※1

正しくは一重の人でも挙筋腱膜はあります。ただ瞼板と皮膚との間に強い癒着がないため皮膚を持ち上げることができないと言う意味で表現しています。

関連記事

  1. 眼瞼下垂と二重まぶた

    眼瞼下垂と二重まぶた

  2. グラマラスライン

    グラマラスライン

  3. 二重まぶた 切開法

    切開法

  4. 目尻切開

    目尻切開

  5. 目頭切開

    目頭切開

  6. 二重まぶた

    二重まぶたになりたい・変わりたい