切開法の傷跡について

Q&A

全切開の傷跡は目立ちやすい聞きます。実際にはどういった傷ができてどれくらい残るのか、目立ってしまうのか知りたいです。

全切開の傷は、新しく作る二重まぶたのライン上にできます。皮膚の折り返し位置にできるためシワの溝として変化させてしまいますので基本的に目立つということはありません。
ただし、傷跡というのは、皆さんの体質によっても違ってきます。ケロイド体質などの場合、傷跡は残りやすくさらに目立ちやすいということがありますので注意が必要です。例えば、普段の生活などで皮膚を傷つけた時に傷跡が目立つ、残りやすいという方は特に要注意です。

医者のいう傷が目立たないという感覚とあなたの考えている目立たないとでは基本的に大きく違うという認識でいて下さい。また、悪質な美容外科の場合、症例写真を見せてこのようになるというふうに錯覚させ、これなら目立たないでしょう!というところもありますが、それは大きな間違い。症例写真などは数%の非常に良い例しか掲載しないものです。それを鵜呑みにしてしまうと必ず後悔することになります。

切開法の傷跡って

目立つことは無いのか?

関連記事

  1. 切開法 名医

    切開法の名医・お勧めクリニック

  2. 二重まぶた 切開法

    切開法

  3. Q&A

    結果に満足できない

  4. Q&A

    切らない埋没法

  5. 切開法 値段

    切開法を受ける前に知っておくべき治療費・値段の秘密!

  6. 切開法 ダウンタイム

    切開法のダウンタイムは悲惨?それって本当?切開法のダウンタイムを徹底追求!