まぶたのたるみを解消する方法

まぶたのたるみ
もう限界!やっぱり頼るは美容整形
根本的にまぶたのたるみを取り除く方法をご紹介

まぶたのたるみというのは、まぶたの皮膚、筋肉そのものが弛んでしまったり、付随している脂肪や結合組織なども同時に引き伸ばされてしまうことによって悪化してしまいます。これらまぶたのたるみというのは、日々丹念にケアしている化粧品、クリニックやエステなどで受ける施術で解消することもありません。

なぜならまぶたの皮膚というのは一度たるんでしまったらどんな方法であっても元に戻ることはないからです。まぶたのたるみを解消する方法はやはりたるんでしまった皮膚そのものを切って取り除いてしまう以外に方法はありません。
ここではまぶたのたるみを取る方法についてご紹介します。

手術でまぶたのたるみを取る方法3選

EYE LIFT

まぶたのたるみ、皮膚のたるみというのは皮膚そのものを切って取り除かなければ解決することはできません。
根本的な解決法以外に満足できる方法はありません。まずはあなたの悩みであるたるみを引き上げる方法、解決法を知ることから始めましょう。

まぶたのたるみ取り

まぶたのたるみを取る方法には2つの方法があります。一つは二重瞼のライン上を切開し、たるんでいる皮膚を切除する「上眼瞼切開」、もう一つは眉の直下を切開し、上側から皮膚を引き上げる「眉毛下切開」です。たるみの症状・状態や希望する仕上がりに応じて適切な治療法を選ぶことが必要です。

下垂

がんけんかすい

まぶたのたるみというのは、皮膚だけではありません。まぶたを持ち上げる筋肉や、筋肉と接続している組織との間に緩みが生じている場合も少なくありません。眼瞼下垂の手術『挙筋前転法』はまぶたを持ち上げる筋肉を操作することによって、皮膚のたるみだけではなく、目の開きを大幅に改善し、黒目の大きな大きな、目力のある印象に変わり、さらに美しさを追求することができるのです。

手術の特徴・概略

眼瞼下垂の手術と他のたるみとりの手術との根本的な違い、それは筋肉の操作を行うこと。一般的にたるみを取る方法というのは、弛んでしまった皮膚だけを処理するのですが、眼瞼下垂の手術というのは、皮膚だけではなく、筋肉を同時に調整・操作し、まぶたのたるみを解消させることができるのです。

こんな方に向いてる
  • たるみを解消したい
  • 目を大きくしたい
  • 黒目を大きくしたい
  • 目力のある目にしたい
  • 目を開けやすくしたい
  • 眠そうな目を治したい
  • 目の形を変えたい
  • 二重のラインの形を変えたい
  • まぶたをスッキリさせたい

眼瞼下垂

瞼切開

じょうがんけんせっかい

二重瞼のライン上、新たに設定するライン上を切開し、そこから余分な皮膚、眼輪筋、脂肪組織などを取り除いてまぶたのたるみを取り除く治療法です。まぶたのたるみを取り除くだけではなく、一重まぶたを二重まぶたに変えたり、二重瞼のラインの形を変えることができるため、たるみを取るだけではなく、同時に目の形を変えること、美しさを追求することができます。

手術の特徴・概略

たるんでいる分だけの皮膚を切除し、理想・希望の二重瞼を作ることができる上眼瞼切開。傷跡・切開線と言うのは、二重瞼のライン上にできますが、目を開けているときは全く見えません。

こんな方に向いてる
  • たるみを解消したい
  • 一重まぶたを二重にしたい
  • 目の形を変えたい
  • 二重のラインの形を変えたい
  • まぶたをスッキリさせたい

上眼瞼切開

眉毛下

びもうかせっかい

眉毛下切開は文字通り、眉の直下を切開し、そこから弛んでしまった余分な皮膚を取り除くことによってまぶたのたるみを取り除き、目元を一気に若返らせることができる治療法です。一重瞼の人は一重瞼のままたるみだけを解消することができるので仕上がりが自然です。二重瞼にしたり、目の形を変える美容整形とは違い純粋に目元を若返らせることができるのが最大の特徴です。

手術の特徴・概略

弛んでしまった皮膚を眉の直下から切除して引き上げて眉毛下切開。眉の下なので傷跡に不安感を抱く方も多いのですが、眉の下の傷跡というのは実は意外に目立たないものです。上眼瞼切開に比べ目尻側のたるみを大きく引き上げることができます。

こんな方に向いてる
  • たるみを解消したい
  • あまり印象を変えたくない
  • 一重瞼のままたるみだけを取りたい
  • 腫れを最小限に抑えたい
  • 自然に若返らせたい

眉毛下切開

手術でまぶたのたるみを取ると言うことは、外科的にたるんでしまった皮膚そのものを取り除く訳ですから、治療直後からたるみ取りの効果が現れます。問題はその仕上がりが自然であると言うこと、傷跡を目立たせないと言うことです。それは治療法を選ぶことよりも医者選び、美容クリニック選びが何より大切なんです。失敗しない『まぶたのたるみ取り』のためにクリニック選びは慎重になりましょう。

関連記事

  1. 眉毛下切開

    眉毛下切開

  2. 眉毛下切開 名医 福岡

    福岡で眉毛下切開を受けるならココは外せない!

  3. 京都 名医

    京都で眉毛下切開を受けるならココ!

  4. 眉毛下切開 メリット

    眉毛下切開のメリット・デメリット

  5. 上眼瞼切開

    上眼瞼切開

  6. 眉毛下切開 効果

    眉毛下切開で得られる効果について徹底解説!